故家・遺俗・流風・善政|2月3日のことです。

Release: 2019/02/03 Update: 2019/02/03
Pocket

故家・遺俗・流風・善政

故家・遺俗・流風・善政。(公孫丑上首章)

こか・いぞく・りゅうふう・ぜんせい(こうそんいかみしゅしょう)

【訳】
昔から忠義を尽くしてきた旧家、後世に残したよき風俗、代々に伝わる美風、よき政治。

〇松陰は、「国家がよく治まり、永続するのは、領土が広いからではなく、民が多いからでもない。ただ、この四つの力である。だから、国家の頼みとすべきは、この四つに勝るものはない」と記している。

2月3日、孟子一日一言の言葉です。

企業に例えるとどうでしょう。

長く働く社員、よい人間関係のよい社風、正しい商い。

長く続く会社には理由があります。

もっとも社会貢献になるということは長く続くことのような気もしますね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください