敢えて問う、敵衆整いて将に来たらんとす、これを待つこと若何、と。(九地)|7月7日

Release: 2020/07/07 Update: 2020/07/07
Pocket

敢えて問う、敵衆整いて将に来たらんとす、これを待つこと若何、と。(九地)

敢問、敵衆整而将来、待之若何。(曰、先奪其所愛則聴矣。)

「あえてお尋ねしますが、敵の大部隊が万全の態勢を整えて攻めて来たら、どのようにしたらよいでしょうか。(その場合は、敵が一番大事にしているものを奪い取ることだ。そうすれば後はこちらの意のままとなるのだ)」
”先奪其所愛”とは、機先を制して敵の急所をおさえること。”所愛”とは、場所でも人でも兵糧でも財宝でも、もっともその人が大事にしているものをいう。かっこ内は、曰く、先ず其の愛する所を奪えば則ち聴くかな。と訓ずる。

7月7日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

これはとても難しいようにも思えます。

絶対絶命の大ピンチです。

そのための交渉材料をいち早く入手しなければなりません。

敵が絶対に失いたくないもを死にものぐるで探す。

そうすれば交渉にもちこむこともできる。

兵は国の大事です。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください