正しい心で|3月10日のことです。

Release: 2019/03/10 Update: 2019/03/10
Pocket

正しい心で

ツバメは春きて、軒端に巣を作り、子を育てて、秋には南に飛んでいく。ミツバチは一団の社会を作って、けんかもしない。どのツバメは不幸でどのミツバチは幸福ということはない。
そうした中に、人間の社会だけは、貧富、貴賤(きせん)の上下の差別があり、そして国の興亡があり、文化の隆替(なみ)があります。
これはどうしたわけでしょうか。それは人間に限って、わがままをすることが出来るからです。
自分のわがまま勝手を取り去ることが、正しい心にもどることで、同時に苦難を取り去る道です。

3月10日、丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)で言葉です。

人間だけがわがままを許されている。

たしかにそうかもしれませんね。

虫も植物も動物も貧富ということを自分で感じることもないし。

人間は感じる心をもっていることによりいろんな経験をします。

わがまま心はなくらないけど抑えることはできるわけですからがんばりたいです。

今の苦難もわがまま自分勝手から来たことなんでしょうね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください