涙の洗浄|9月26日のことです。

Release: 2018/09/26 Update: 2018/09/26
Pocket

涙の洗浄

カメの甲のようにこり固まった我欲我情の結晶、いわゆる罪は、どうしたならばこれを消し、本当の純愛に帰り得るのか。
ここに端的無難の方法は、涙の洗浄である。身分年齢の高下をこえて、相手を無上に敬って、ただ涙をそそぎ、至情を吐露する。この時、あらゆる我情は、洗いさられた明澄至純の心境に達する。家が変わり、環境が変わり、人が変わる。正解が清められる。
これ正しく倫理の世界における心境の登龍門である。人生の真実、実在の一角への突入である。

9月26日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

我欲我情、自分勝手な自分の塊が罪というのは納得です。

罪を犯し、間違いに気づかなければその境地に達しないというのが悲しいところです。

しかし、人はそれを繰り返し繰り返し気づく。

涙を流すほど反省すれば次回は少なくなるような気はします。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください