理義の我が心悦ばすは

Release: 2018/08/09 Update: 2018/08/09
Pocket

理義の我が心悦ばすは

理義の我が心悦ばすは、猶ほ芻拳の我が口を悦ばすがごとし。(告子上七章)

【訳】
道理や徳義が万人を「本当にそうだ」と納得させ、満足させることは、牛や豚の美味しい肉が我々の舌を満足させてくれるのと同じようなものである。

〇松陰は、「道理や徳義はいつでもどこでも私の心を納得させ、満足させてくれる。食べて満足するともう欲しくなくなる美味しい肉などと比較されるようなことではない」と記している。

8月8日、孟子一日一言の言葉です。

道理が美味しいというのはちょっと違う。

吉田松陰先生の言葉が残ってしまいます。

だれに対しても誠実で思いやりのあること。

それを目指すべきだと思いました。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください