病気は心の浄化作用|1月10日のことです。

Release: 2018/01/10 Update: 2019/01/12
Pocket

人体は、宇宙の運行と共に生き、天地の生成と共に同じ力で息づいている。
肉体は、自分で治る力を持っている。医薬も、その他一切の治病の方法も、だた自然に治る力を旺盛にする方法であるにすぎない。
それをじゃまするのが、憂え心である。これを台なしにするのが、恐れ心である。病人が、心配事を耳にすると、わるくなる。何かうれしい事があると、軽くなる。
病気は心の浄化作用である。朗らかな心で病気を迎えたら、病気はふっとんでしまうのである。

丸山敏雄一日一話の1月10日の言葉です。

たしかにこういうことは多々ありますね。

自分で自己暗示ではないですが、私以外と丈夫です。

なんてことを口にしていると体は丈夫になるものです。

昔に比べて病気にならなくなっているように思います。

それはやはり心の問題かもしれませんね。

休んでる場合じゃないと常に思っていますから。

今日一日朗らかに安らかに進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください