葛伯放にして祀らず|4月6日のことです。

Release: 2018/04/06 Update: 2018/04/06
Pocket

葛伯放にして祀らず、湯、人をして之れを問はしむ。(滕文公下五章)

かっぱくほしいままにしてまつらず、とう、人にして之を問はしむ。(とうぶんこうしもごしょう)

【訳】
葛の(国の)伯爵はわがまま者で、先祖のお祭りをしなかった。そこで、殷の湯王は(わざわざ)使者を送り、「なぜお祭りをされないのか」とたずねた。

〇松陰は、「先祖のお祭りを行うということは、忠孝を行うことである。お祭りを行わなければ、忠孝も廃れ、人の人たる道は滅んでしまう」と記している。

4月6日、孟子一日一言です。

先祖のお祭りというのは今のお彼岸などのことを言うのでしょうね。

今の自分があるのは先祖のおかげ様です。

自分ひとりでこの世の中いるというような心持ちではいけませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください