見て・聞きて之れを知る①|12月26日のことです。

Release: 2018/12/26 Update: 2018/12/26
Pocket

見て・聞きて之れを知る①

堯舜より湯に至るまで五百有余歳。(中略)湯の若きは則ち聞きて之れを知る。湯より文王に至るまで五百有余歳。(中略)文王の若きは則ち聞きて之れを知る。文王より孔子に至るまで五百有余歳。(中略)孔子の若きは則ち聞きて之れを知る。(尽心下三十八章)

ぎょうしゅんよりとうにいたるまでごひゃくゆうよさい。(中略)とうのごときはすなwちききてこれをしる。とうよりぶんおうにいたるまでごひゃくゆうよさい。(中略)ぶんおうのごときはすなわちききてこれをしる。ぶんおうよりこうしにいたるまでごひゃくゆうよさい。(中略)こうしのごときはすなわちききてこれをしる。(じんしんしもさんじゅうはっしょう)

【訳】
堯・舜から殷の湯王まで五百有余歳。(中略)湯王は(堯・舜の道を)聞きて知った。湯王から周の文王までまた五百有余歳。(中略)文王は(湯王の道を)聞いて知った。文王から孔子までまた五百有余歳。(中略)孔子は(文王の道を)聞いて知った。

12月26日、孟子一日一言の言葉です。

道を伝えていくことは大事なことですね。

だから2000年以上たった今の伝えられていくんでしょうね。

日本では圧倒的に論語の方を学ぶ人が多いと思いますが論語を知って孟子を知るといこともあると思います。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください