道義の枢軸は家庭|8月24日のことです。

Release: 2018/08/26 Update: 2018/08/26
Pocket

道義の枢軸は家庭

道義の出発は個に立つが、その「場」は家庭である。上に向かっての「敬」の徳は、子が親を敬するに始まり、下に向かっての「慈」は、親が子にそそぐ情から始まる。そして限りなく上に、または下に伸び、また斜めに広がる。
男女の性愛は、結婚によって純化され、ここに夫婦の愛和となって燃え、横に無限に広がる人類愛となって、八方及ぶ

8月24日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、言葉です。

上下、左右、無限に広がっていく。

夫婦が家庭をつくり、親と子を作る。

中心が家庭。

ここにもっとも大事なことがあるのは当然といえば当然ですね。

正しく生きる道も家庭にあるんでしょうか。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください