信ずれば成る|1月8日のことです。

Release: 2018/01/08 Update: 2019/01/12
Pocket

憂えるのは疑うからである。あぶないから憂えるのではない。憂えるから失敗する。
病気は恐れ憂えるから長びく、重くなる。事業は憂えるから崩れる。農業のような自然力によった仕事でも憂えるから実りが悪くなる。
うれえるの反対は喜ぶことである。希望にもえること、信ずることである。
喜びより発して、信に帰る。愛は信より発する光であり、熱である。人生は信によって成る。

丸山敏雄一日一話 幸せになるための366話
1月8日の言葉です。

憂える(うれえる)《下一他》悪い結果になりはしないかと心配する。心をいためる。または、そうなることを嘆き悲しむ。

なんでも、悪い結果ばかり想定してはいけませんね。

とにかく喜ぶ。

きっと普段であればもう一年の一週間が過ぎたと嘆きたいところですが、やっぱりここはまだ一週間しかすぎていないと喜ぶところだということですね。

喜ぶことは大切ですね。

そう置き換えていく思考のチェンジが大切ですね。

いいあさひかわもお役立ち情報が大切ですねやっぱり。

今日一日朗らかに安らかに進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください