仕事の心がけ⑤拙速主義

Release: 2022/09/16 Update: 2022/09/16
Pocket

仕事の心がけ⑤拙速主義

次に大切なことは、一度着手した仕事は一気呵成にやってのけるということです。同時にまたそのためには、最初から最上の出来映えを、という欲をださないということです。すなわち、仕上げはまず八十点級というつもりで、とにかく一気に仕上げることが大切です。

これはある意味では拙速主義と言ってもよいでしょうが、このいい意味での拙速主義ということが、仕事の処理上、一つの秘訣と言ってよいのです。【178】

仕事の処理の要点を知るこれは大事なこと。忘れぬようにメモして何度も見直すことが大事です。

1.仕事の処理をもって自分の修養の第一義とすること

2.仕事の順序を立てる。大事なことを先にして軽いものを後にする

3.大事な事柄のなでも何から手をつけるか明弁する

4.とにかく手をつける

5.一気呵成に八十点主義で行う

実際これはとても大切なことです。

残業と言う場合も普段の仕事の手順に問題あると言うのは間違いないことです。

時間内で最大限の結果をだす。

このことは常に考えるべきことです。

忙しいのはみんな同じですね。

人生は二度ないのですから今日の一日次第ですね。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください