持ち味を生ずる

Release: 2022/07/30 Update: 2022/07/30
Pocket

持ち味を生ずる

一人の人間が、永い歳月にわたって明けても暮れても、常に心の底に持ちつづけて研究したことというものは、そこに一種独特の持ち味を生ずるものであります。【192】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

人間ですから興味はいろいろと移り変わりますが、若いころに没頭したものについては記憶があるものです。

何が違うのでしょうかね。

私もどちらかというと研究や没頭する方だとは思いますが永続きはしないのです。

明けても暮れてもというようなことには最近はなかなかなりませんね。

教授の学びたいという意欲は生涯続くのですが、そこまでに没頭するヒントがたくさん書かれているように感じます。

師を持ち、読書する。そんな気がするのは私だけでしょうか。

たくさんのことは頭にはいりません。

少しづつやります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください