人のために尽くす|8月8日のことです

Release: 2019/08/08 Update: 2019/08/08
Pocket

人のために尽くす

苦痛に出くわした時は、百八十度に方向をかえて、進んでゆけばよいのであるが、人は案外おろそかである。方向がちがっていることもわかりきっているのに、ずんずん深みに落ちて行く。道義も地におちた、政治がなっておらぬ、などと憤慨したとて、何の役ににも立たぬ。にくんだとて、一物も益するところはない。
こういう時勢には、持っている者は何もかも投げ出して人のため世のために尽くせ、という天の警告であろう。そう考えよう。この世、暗黒は一転して、陽光燦と輝きはじめる。

8月8日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

なんでなんでと嘆いていてもくそにも役に立たない。

たしかにその通りです。

しかし、心構えが出来ていても人間の心は弱い。

話ながら深みに落ちて行く。

いかんいかんと修正する。

まだまだ時間がかかりそうです。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください