大吏怒りて服せず、敵に遇えば懟(うら)みて自ら戦い、将は其の能を知らざるを崩と曰う。(地形)|5月30日

Release: 2020/05/31 Update: 2020/05/31
Pocket

大吏怒りて服せず、敵に遇えば懟(うら)みて自ら戦い、将は其の能を知らざるを崩と曰う。(地形)

大吏怒而不服、遇敵懟而自戦、将不知其能曰崩。

「指揮官と他の将校の折合いが悪く、将校たちは指揮官に不満を抱いていて命にしたがわず、敵と遭遇すると勝手に戦い、指揮官も彼らの能力を認めていない状態を崩という」
”大吏”とは吏よりも上級の将校。大部隊の武将のこと。懟は恨む。ここでは高級将校たちが総指揮官を恨んでいるので、自分勝手に戦うことをいう。しかも、総指揮官は将校たちの才能を理解していない。こういう部隊はてんでんばらばらで、崩壊するのがおちである。

5月31日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようござます。

こんな状態は完全に負けてします状態ですね。

これはやはり総指揮官に問題があるように感じます。

指導力不足な上に信用もしていない。

奢りなど問題なのでしょうか。

逆をいうと敵をこの状態にさせれば勝てるということです。

怖いことです。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください