徒善・徒法|4月16日のことです。

Release: 2018/04/16 Update: 2018/04/16
Pocket

徒善・徒法

徒善は以て政を為すに足らず、徒法は以て自ら行ふこと能わず。(離婁上首章)

とぜんはもってまつりごとをなすにたらず、とほうはもってみずからおこなうことあたわず。(りろうかみしゅしょう)

【訳】
単なる善意だけでは、立派な政治はできない。まごころのこもらない形だけの制度では、十分な成果をあげることはできない。

4月16日、今日の孟子一日一言です。

人々の心をまとめるということは難しいですね。

まごころがこもった制度というのもこれまたどんな制度なんでしょう。

やはり決め事というのはたくさんの人が集まって決めなければならないように感じました。

まごころのこもった制度。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください