軍行に険阻(けんそ)・潢井(こうせい)・葭葦(かい)・山林・蘙薈有らば、必ず謹んでこれを副索せよ。(行軍)|4月22日

Release: 2020/04/22 Update: 2020/04/22
Pocket

軍行に険阻(けんそ)・潢井(こうせい)・葭葦(かい)・山林・蘙薈有らば、必ず謹んでこれを副索せよ。(行軍)

軍行有險阻潢井葭葦山林蘙薈者、必謹覆索之。(此伏姦之所處也。)

「行軍の途中に、①険阻な地形、②水溜りや井戸、③葦やよしの密生地、④山林、⑤草むら、などがあれば、必ず念入りに調べ探すことだ。(こういう場所には、敵の伏兵が潜んでいるからである)」
行軍にさいして、特に気をつけなければならない地形を列記している。そういう地形には敵の伏兵がかくれやすく、わが軍を襲撃しようとしてねらっているからである。
此れ伏姦の処る所なり。

4月22日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

行軍で最も大切な安全・危険の見極め。

伏兵というのは実に危険ですね。

常に相手は奇策を狙ってきますから当然です。

相手の油断しているところを襲うということ。

何か物事を進めるときにはこういう場合も想定しなければなりませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください