門を過ぐるも而も入らず|3月21日春分の日です。

Release: 2018/03/21 Update: 2018/03/21
Pocket

禹、外に八年、三たび其の門を過ぐるも而も入らず。(滕文公上第四章)

う、そとにはちねん、みたびそのもんをすぐるもしかもはいらず。(とうぶんこうかみだいよんしょう)

【訳】
禹は(治水に取り組み)我が家を後にして八年、東奔西走した。その間、三回ほど我が家の前を通ったが、一度も立ち寄らなかった。

3月21日、孟子一日一言です。

うちでこんなことをしたら大変なことになると思いますがすごいです。

なにがなんでもその事業をやり遂げるためのことなんでしょうね。

逆にいうと幸せとも思えます。

それほどの思いでやれるというのは。

やはり自分のためではなく世のため人のためと心底思うからなんでしょうね。

人ごとではありません。自分のそのような気持ちで仕事に取り組むべきですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください