俸給の額|3月24日のことです。

Release: 2018/03/25 Update: 2018/03/25
Pocket

永い目で広く世の中を見ていると、能ある人は隅にかくれてはいない、つまらぬ人間が高給はとらぬ。必ず自然にその人に適するように定まるものである。
少なくとも就職の当初は、これに満足しており、喜びをもっていたはずである。
我が俸給も知らぬように働く人にこそ、いよいよ高い俸給がめぐってくる。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)3月24日の言葉です。

俸給という言葉もいいもですね。

我が俸給。

これがなければ暮らしも大変ですがこれがすべてでもないですね。

一生懸命働くことが一番大切なことですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください