刀は魂の依代|12月26日のことです。

Release: 2018/12/26 Update: 2018/12/26
Pocket

刀は魂の依代

日本の勝れた製品の中に、刀剣があります。この刀剣は、本来人を斬るものではなく、魂の寄るもの、霊をのせるもので、これを依代と申しました。
そして刀剣は同時に、工人の魂の依代であったわけであります。
名刀は見ただけで、心の中が澄んでくる、雑念がなくなります。なぜかというと、つくるときから道具の手入れ、着る物、式作法など古式に則り、心をこめて、打つたびにまた霊をこめる。でき上がったら荘厳な儀式をするからです。

12月26日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

本物というのはそういうものなのでしょうね。

見ているだけで感じるものがある。

フェルメールがすごい人気とテレビでみました本物なのでしょうね。

魂のこもったものは何かを感じるものなんでしょうね。

特に刀などはそういうもので妖刀などがあるのでしょう。

今日いち一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください